普通自動二輪(限定解除)に挑戦_またまた入校編

普通自動二輪免許(限定解除)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

先日小型自動二輪(AT)の免許を習得することが出来た僕ではありましたがやはりネットの書き込みや教官の言っていることは正しかったです。。。
そう、MT車に興味を持ってしまったのです!

知り合いの125ccスクーターに乗っていて対向車線を走るMT車を見て「あのガチャガチャやっているのってどうやっているんだろう?(・∀・)」「ちょっとやってみたいかも・・・?」
そんなことをふと思ってしまった時点で完全に興味はMT車に・・・。何をしているんだ自分。

教習所にリターン

そういう訳でまた教習所に戻ってきてしまいましたw
受付の方とかも覚えていたようで「またお前か」みたいな顔されました(嘘です)

2ヶ月前だとちょうどいい天気だったのがめちゃくちゃ暑くなりました。
こんな時期に教習・・・まして二輪の免許を取ろうとする人は少ないと思っていましたが・・・意外といるっていうwww
暑さでうだる教習生を見つつ受付をしてきました。

小型自動二輪 → 普通自動二輪の流れ

今回のような場合は『限定解除』という扱いになるようです。
というのも小型自動二輪を取得した段階で一応は普通自動二輪を取得した扱いになるみたいで・・・。

07

画像を見てもらえば分かりますが下の種類の欄に普自二の文字がありますよね。
つまり免許上では普通自動二輪の免許は持っている扱いなわけです。
まぁもちろんこのままだと125cc以上のバイクであったりMT車は乗れないわけですが。
この条件が画像の中央部にある『普通二輪は小型二輪のAT車に限る』という記載な訳です。

この制限を無くそう!(解除しよう!)・・・つまり限定解除って訳です。言ってしまえばリミットブレイク!(厨二)
なので自動車もMT車に乗ろうと思うと限定解除です。(自動車もAT限定なんです。)

通常と限定解除の違い

僕が通っている教習所ではこのような違いがありました。

  • 第一段階や第二段階というものがない
  • 教習期限が通常の場合9ヶ月なのに比べて限定解除は3ヶ月と少ない
  • 教習数が少ない

まぁ他の教習所でもほとんど同じじゃないでしょうか?
一つ目は簡単に言うと見極めが一回しかないです。つまり卒検前に見極め。以上!って感じです。

二つ目は期限が半年も短いのでこまめに教習所に通わないと最悪の場合終わりきれないかもしれません。
その分教習数は少ないわけですけどね。

三つ目は上でも書いてあるとおり教習数が少ないです。
具体的に言うと直で普通自動二輪を取ろうとしたした場合教習時間が18時間なのに対して小型AT限定→普通自動二輪の限定解除では8時間しかありません。

これはすぐに免許が取れるという一面もありますがMTの操作にすぐに慣れないと即補習という恐怖の一面も持っています。
教習所ではある程度補習をしても追加料金が発生しない『安心パック』のようなものがありますが不安な方は考えてもいいかもしれません。
ちなみに僕はしませんでした(爆)

料金について

直で普通二輪を取る場合と一旦小型を取ってから普通自動二輪に限定解除するのではどちらがお得なのか?
結論から言ってしまうと直に普通二輪を取ってしまったほうがお得です。

直で普通二輪を取る場合(割引などは除いて)

スーフォア

  • 料金:93740円
  • 教習時間:18時間

小型自動二輪(AT)→普通自動二輪を取る場合(割引などは除いて)

限定解除

  • 料金:60740円(小型) + 54200円(限定解除) = 114940円
  • 教習時間:9(小型) + 8(限定解除) = 17時間

通っている教習所ではこのような感じになりました。だいたい2万円位損をしてしまいました\(^o^)/
メリットは教習時間が1時間分少ないくらいですね。。。まぁ高い授業料を払ったと思うことにしますw

とりあえず一言

やっぱり普通免許を取ったほうがなんだかんだ良かった(戒め)そんな訳で免許シリーズももうちょっと続きます。それではでは。

タイトルとURLをコピーしました