beatoraja用FullHDスキン【ModernChic】公開中です!
beatoraja

【beatoraja】FullHDスキン・ModernChicPlay(SCURO)公開しました

【beatoraja】FullHDスキン・ModernChicPlay(SCURO)1.0公開しました beatoraja
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
更新履歴(詳細は記事下部参照)
  • 2020/07/09 バージョン1.2.3
    • 1.2.2でゲージカバーがプレイ中に常に表示されてしまうバグの修正
    • 残り時間60秒で色が変化するように変更
  • 2020/07/05 バージョン1.2.2
    • 難易度が不明の曲をプレイした際に表示が崩れるのを修正
    • カカポボムを追加
    • ゲージの状態を細分化して表示するように修正
    • 最終ノート後にゲージカバー有効時に非表示になるように変更
  • 2020/06/27 バージョン1.2.1
    • 緑数字白数字(レーンカバー、リフト)の表示がされていなかったのを修正
  • 2020/06/27 バージョン1.2
    • 5keyスキン追加
    • OADXボム対応
    • 処理共通化
  • 2020/06/14 バージョン1.1
    • スクラッチのキービーム挙動を修正
    • 判定タイミングにms表示を追加
    • 判定タイミングボムの追加
    • ボムの大きさを変更出来る機能追加
    • スコアグラフ、ノート分布、タイミングエリアの配置を変更出来るように修正
  • 2020/06/06 初回バージョン1.0

ファイル構成が変更したりするので更新する際にはお手数ですが上書き保存せず ModernChic/Play フォルダを一度削除してから導入をお願いします。

2020/06/10
SCUROで使えるノーツやキービームのPSDデータを公開させて頂きました。
他、ボムパーツ(LN含む)も募集しています。

ボムパーツ:400x300の画像を横4縦4つに並べた16コマ(1600x1200)
ボムパーツ:400x300の画像を横16縦4つに並べた計64コマ(6400x1200)
1段目:通常ノート用
2段目:LN(1,3,5,7)兼SLOW用(赤系が望ましい)
3段目:LN(2,4,6)兼FAST用(青系が望ましい)
4段目:LN皿用

PSDデータはこちらから

公開してもいいよ~という方はTwitterか kasakon555@gmail.com(@は小文字)宛にメールを送っていただけたらと思います。スペシャルサンクスとともにスキンに同梱させていただきます。

どもも。カサコンです。
前回の記事からほとんどずっと引きこもり状態が続いている私です。
ついこの前非常事態宣言が解除されたんですが自分の周りではまだ警戒状態が続いています。

さて。前置きはこのあたりにしましてここ最近ずっとbeatoraja用のスキンいじりをしている私ですが・・・7鍵用スキン作ってみちゃいました!
beatoraja0.7.8も公開されましたので記念にこちらも公開しちゃいます!

beatoraja0.7.8ではLuaスキンでカスタムOP値を使用する項目を『Random』にすると正常に動作しないバグが存在するためスキン中の『カスタムオプション』、『パーツ表示有無』、『パーツ詳細設定』にある項目はRandomにしないようお願いします。

その名もSCURO

作っていて感無量になってしまって厨ニなコードネームを付けてしまいましたw
その名もSCUROです。意味は調べてみてね。

とりあえず見てもらったほうが早いんでこんな感じのスキンです。

【beatoraja】FullHDSkin ModernChicPlay(SUCURO)

右皿左皿ともに左右好きな場所に配置出来ますよ!

右スクラッチ右配置
左スクラッチ右配置
右スクラッチ左配置
左スクラッチ左配置
【G2R2018】温泉大作戦 / Freezer feat. 妃苺 [MV]

こだわってみたところ

今回プレイスキンを作る上でこだわってみたのは大きなBGA描画部分です。
beatorajaの良いところは色々ありますがやっぱり高解像度でプレイできることは真っ先に思いつきますよね。

SCUROではBGAを描画する部分が1280x720とかなり大きく取られているので高画質なBGAを大迫力で楽しむことができるようになっています。(16:9のBGAがこれから増えないかなぁと密かに思ってます)

高画質なBGAを楽しめます【G2R2018】Träneより
【G2R2018】Träne【FRENZ2018】

BGAを大きく見せたかったこともあってグラフバーなどの情報は被らないように下の方に集中して配置してみました。

beatorajaのVideoタブにある『BGA Expand』は『Keep Aspect Ratio』がおすすめです。これならどんなBGAでも比率を保ったまま大きく表示出来ます。『Full』にして比率を無視して拡大表示にしちゃうのもそれはそれで面白いですが。

KeepAspectRatioで16:9表示。比率が固定されているので左右に余裕ができる。
Full状態で16:9表示。比率は崩れるが迫力はある。
Fullで16:9×4表示。ド迫力の4画面BGA!
【G2R2018】On And On!!【BGA】

BGAが用意されていないBMSの場合には汎用BGAが流れるようにしてみました。
何から何まで不慣れでしたが頑張って作ってみました。

汎用BGAは3種類を用意

更新内容紹介(抜粋)

文字では伝わりづらそうなのを適当に書いてみます。

5keyスキン追加(1.2)

5keyスキンに対応しました!
懐かしいBMSを楽しんでみましょう。

右スクラッチ5key
左スクラッチ5key
7鍵のコントローラを使用している場合はキーの割り当てに注意してください。
左スクラッチの場合:1,2,3,4,5
右スクラッチの場合:3,4,5,6,7

OADXボムへの対応(1.2)

LR2で広く使われているOADX仕様(2896x768)のボムに対応しました。
ModernChic/Play/parts/common/oadx_bomb にファイルを置いてください。
カスタムオプションで『ボムの種類』を『OADX規格』にした状態で機能します。

ModernChic仕様ボムと同じくoffsetで大きさを調節出来ますが仕様上爆発位置がずれてしまうことがあります。(4:3を16:9に引き伸ばすことが前提として作成されたものもあるため)

OADXボム対応

ボムの大きさを調節出来る機能追加(1.1)

ボムの大きさを1~100%の間で調整することが出来ます。
0以下や101以上を指定した場合は100%として表示されます。

100%(オリジナルサイズ)表示
50%表示

スコアグラフ、ノート分布、タイミングエリアの配置(1.1)

グラフを左に表示するTYPEA
グラフを右に表示するTYPEB

判定タイミングボムの使用(1.1)

ボムの色を早く押していた場合は青く、遅い場合は赤く表示する機能。
エフェクトを複数作成する必要が出てしまうためボムのRGBを変更して表示している都合上、ボムによっては色が正しく表示されないことがあります。(1.2より仕様が変更されました)

遅く押されている(-37)のでボムが赤くなっている

Special Thanks

作成にあたって素材等ご協力をくださった方、ありがとうございます!

SIMPLE(STB様提供)
diamond SCUROed.(Rio様提供)
clear ring_blue SCUROed.(Rio様提供)
Splash[Re]-SCUROed(Rio様提供)
DR simple DCUROed.(Rio様提供)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
ブログの更新が気になる方はこちらもご利用ください
KasaBlog
タイトルとURLをコピーしました