皿側も!GAMOコンを更に痛くしてみた

7鍵痛コン制作
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも!カサコンです。
アメリカの記事を書いていると思っていたらGAMOコンを痛くする記事を書いていたっていう\(^o^)/

という訳で海外コントローラGAMO2コンの皿部分を痛くする手順を備忘録として書こうと思います。
興味がある方は鍵盤部分を痛くしたコチラの記事もおすすめです。というより続きですw

20130209_19

毎度のことながらGAMO2コンを使って痛くしていきます。
最終的に上の画像のような感じになります。

用意するもの

  • カッターマット(100金、大きいものだと楽です)
  • カッター(100金、大きいものだとry)
  • 定規(100ry)
  • コンパスカッター(あれば楽です)
  • 穴あけパンチ(あれば楽です)
  • 写真用のA4光沢紙(光沢紙だと綺麗です)
  • 印刷できる環境
  • テンプレートを使う場合はPhotoShopなどのpsdファイルを開けるソフト

前回と使うもの自体はほぼ変わりません。
折角なので一気にやっちゃうのもいいかと。光沢紙も余るだろうしね。

[amazonjs asin=”B000CEAXJW” locale=”JP” title=”OLFA コンパスカッター 57B”]

[amazonjs asin=”B00009AJAQ” locale=”JP” title=”コクヨ カラーレーザー&カラーコピー用紙 光沢紙・厚手 A4 50枚 LBP-FG1310″]

また印刷範囲が大きいのでA3プリントが出来る方がうらやましいです。(写真はA4光沢紙を二枚使って対策しています。)

分解っ!

それでは早速やっていきましょう!
まずはシートを挟める段階に行けるまで分解していきます。

20130209_06

ひとまずここまで分解します。(前回・GAMO2の皿をなめらかにするの記事を参考にどうぞ)
そして画像に写っているの四つのネジを外します。(円内の周りにある黒いネジ)

20130209_08

するとこのように外せます。さらにケーブルが繋がっている基盤のネジを外します。
これで受け皿部分とアクリル板を外せるようになります。

後は裏側に四つナットが止まっている箇所があるので(画像の周りの四つのネジらしきもの。裏側から外します。)それも外します。
これで準備完了です。

外したネジはなくさないようにしましょう。戻す手順もねw

印刷し切り取るっ!

20130209_12

ガイドを参考にしながら印刷し切り取っていきます。
自分が使っているプリンタはA4までしか印刷が出来ないので分割印刷の設定をして二枚に分けています。
A3が印刷できる環境の方ってどのくらいいるのだろうか?

20130209_13

そして張り合わせたものがコチラ。
中央の円部分はコンパスカッターがあると便利です。

そしてシートを挟みもとに戻していきます。
ネジが最後に残るあるある。という事にならないように気を付けてくださいwww

20130209_15

鍵盤部分に比べて手間がかかりますね。
これはしょっちゅう変えたりするのは大変ですw

20130209_01

さてこれで完成なわけですが前回でのテンプレートがなかなか好評だったので皿部分のテンプレートを公開したいと思います。
興味を持った方は是非。

使い方

[warning]このテンプレートはGAMO2コンのサイズで作成してあるので他のコントローラではサイズが合わないのでご了承ください。
またテンプレートはpsdファイルを開けるソフトが必要です。[/warning]

ダウンロードはコチラです。gamo2コンsara.psdというファイルです。

20130209_17

このようなテンプレートになっています。
後はお好きな画像を使って痛くしましょうw

テンプレートの赤い円は皿部分のアクリル板の範囲を表しています。
この範囲に画像があっても見えなくなりますのでご注意くださいw

白い円はネジ部分の穴ですのでカッター等で切り抜きを行ってください。

使用例

20130209_18

さぁ皆もレッツ・痛コン!

lets

リンク

スポンサーリンク
7鍵痛コン制作
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
ブログの更新が気になる方はこちらもご利用ください
KasaBlog
タイトルとURLをコピーしました