PHPから取得した値をJavaScriptに渡してみる

JavaScript
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ども。お久しぶりです。カサコンです。

気づいたらもう夏も終わり。
だんだんと涼しく・・・というか寒くなってきましたね。
どうなってるん(´・ω・`)

PHPからJavaScript

さて。そんな本日は初歩的?なJSの豆知識です。(女子小学生じゃないよ

今片手間にあるものを作っているのですがPHPで取得したユーザエージェントをJavaScriptに渡すということをやってみました。ありそうで実はあまりやったことが無かったので一応備忘録。
ネタがないなんてことはありま・・・すん。

<?php
function getUserAgent(){
$ua = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
$isSmartPhone = false;
if((strpos($ua,'iPad')) || (strpos($ua,'iPhone') !== false) || (strpos($ua,'iPod') !== false) || (strpos($ua,'Android') !== false)) {
$isSmartPhone = true;
}
return $isSmartPhone;
}
$isSmartPhone = getUserAgent();

まぁなんてことはないスマホかどうかを判断するメソッドです。
返り値としてboolean値を返します。
といってもPHPは変数はどんな形にでもなってしまうのがなんともあれですが。

一方JavaScript側ですが簡単な話で普通にechoで出力してしまえばよかったっていう話でした。

<script type="text/javascript">
var isSmartPhone = <?php echo $isSmartPhone ?>;

if(isSmartPhone){
//なんとかかんとか
}
</script>

すっごい簡単ですね。
あまり使った事が無かったのでまた忘れたら見に来よっと。
それでは。

新たな難易度表

そういえばBMS絡みの話としてオマージュBMS難易度表を作り始めました。
まぁどんなものかをざっくりと言ってしまうとあれ?このフレーズ進研ゼミでやったところだ!っていう感じがしたBMSを集めてみた難易度表となります。
無駄にプレイ曲数は多くやっているのでその経験を活かしていければぁと思っていたり。
コチラもどうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク
JavaScript
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします
ブログの更新が気になる方はこちらもご利用ください
KasaBlog
タイトルとURLをコピーしました